ばんからさんが通る。

Bankara is attitude. Not style.

男性用化粧品を使用した感想

おはようございます。

 

f:id:abcd1234go:20181026145354j:image

 

こちら、ご存知ですか?

今年の春に、資生堂から発売された、

オールインワンジェル+日焼け止め効果のある

男性向けスキンケア商品なのですが、

私は先週、近所のドラッグストアの特売広告で知りました。

簡単に特徴を書くと、

 

・オールインワンジェル

・日焼け止め成分を配合(日中用)

・メンソールが入っている

・香りは男性っぽい

f:id:abcd1234go:20181026151611j:image

・青い

 

 

で、どうしてこれを買う気になったかというと、

・普段、化粧下地として使用している日焼け止めがベタつく

・その前にオールインワンジェルを塗るが、さらにそれがベタつく

・↑の作業が一度で済むならその方がいい

 

 

使用後の感想

・塗ってすぐでもほとんどベタつかない

・メンソールが入っているので、朝起きたばかりでも塗ると多少目がさめる

・関東の10月、曇りのち晴れ、気温20度前後の日に6時〜15時まで使用したが、化粧くずれ、テカリ無し(室内で仕事中に使用)

 

私の感想はこんな感じです。

 

ちなみに私の肌質は、

・同じ場所が乾燥したり脂っぽくなったりする

・その場所にニキビが時々出来ては消え出来ては消え

・髪の毛があたるなど、少しの刺激がかゆくて気になるが化粧品でかぶれたことはない

・アルコールではかぶれない

 

似たような肌質や、日焼け止めや化粧下地のベタ付きが気になる女性にも試していただきたい商品です。

 

さらに、

テカリ防止とカサつき防止成分が含まれているということで、私のように乾燥+脂性肌の人向けなのでしょうか。

 

しかし、

エタノールやメンソールなど、人によっては刺激となる成分も含まれています。

また、成分などについては詳しくない為ここでは

 

ウーノ UVパーフェクションジェル 80g (医薬部外品)

ウーノ UVパーフェクションジェル 80g (医薬部外品)

 


説明を省略していますので、

 

使用される場合は自己責任でお願いします。

また、香りはかなり男性っぽいですので、嫌いな方は嫌いかもしれません。

 

ボディ用汗拭きシート

GATSBY(ギャツビー) さらさらデオドラント ボディペーパー <徳用タイプ> クールシトラス (医薬部外品) 30枚

GATSBY(ギャツビー) さらさらデオドラント ボディペーパー <徳用タイプ> クールシトラス (医薬部外品) 30枚

 

など、男性用のものが好きという方は平気だと思います。

 

【的場DAY】8/28 大井競馬場に行った。

おはようございます。

 

 

近くてちょっと遠い、大井競馬場

今まで行ったことがなかったので、

f:id:abcd1234go:20180831160934j:image

トゥインクルイッテキタ!

 

 

 

まずは大井競馬場に行ったことが無い人のために、

超簡単な大井競馬場への行き方を書いておきます。

超簡単です。

(他にも行き方はあります。これは一例です)

 

 

京急本線【普通】の電車に乗ります。

「立会川」駅で降ります。

坂本龍馬像」方面の改札を出て下さい。

そのまま「坂本龍馬像」の方へ歩いて下さい

坂本龍馬像が左手側にありますから、通り過ぎそのまま真っ直ぐ歩き、オリジン弁当があるので、

オリジン弁当のある交差点を右折します。

真っ直ぐ歩くと橋があります。そのまま渡って下さい。

さらに真っ直ぐ歩くと左手側にすき家がありますので、すき家」を左折します。

大きい道路に出ます。そしたらあとはそのままずっと真っ直ぐです。

f:id:abcd1234go:20180831155329j:image

しばらく歩くと左手側に「ローソン」(下の画像手書きの)、対向車線である右手側に馬のオブジェと「TOKYO CITY KEIBA」と書いてある目立つ看板があります。歩道橋を渡って到着です。

f:id:abcd1234go:20180831155347j:image

 

覚えるキーワードは坂本龍馬オリジン弁当」「すき家だけです。

一度行けば覚えられると思います。

 

8/28は的場DAYということもあり、開場10分ほど前に着いた時には既に、大量の的場ファンが並んでいました。

f:id:abcd1234go:20180831155900j:image

 

この度地方競馬最多勝記録更新という偉業を達成した

的場文男騎手

f:id:abcd1234go:20180831161807j:image

 

ちょっとトラック野郎に似ている気もするが…

f:id:abcd1234go:20180831161816j:image

 

 

私の「文緒」という名前は

本名由来の部分もあるのだが的場騎手由来の名前だったりする。

 

f:id:abcd1234go:20180831171136j:image

f:id:abcd1234go:20180831171153j:image

f:id:abcd1234go:20180831171208j:image

寄せ書きと勝負服やパネルの展示

 

f:id:abcd1234go:20180831171304j:image

マトメーター

 

 

マトTプレゼントに並ぶファン

f:id:abcd1234go:20180831160138j:image

この画では伝わらないが本当に大量の人が並んでいた。

コミケのようだった…

 

こっちは抽選会

f:id:abcd1234go:20180831160710j:image

マトタオルが当たりました。

 

 

馬券も当たりました(小声)

f:id:abcd1234go:20180831162953j:image

単勝22倍

 

 

f:id:abcd1234go:20180831163216j:image

文緒と文男

 

全レース終了後のイベント

f:id:abcd1234go:20180831163350j:image

寄せ書きプレゼント(プレゼンターは抽選)

 

トークイベントには、内田博幸騎手が登場。

f:id:abcd1234go:20180831163415j:image

 

ちなみにこのイベントの様子は、ドローンで撮影され生中継されていたようですが、どこのテレビ局だろ?

f:id:abcd1234go:20180831163715j:image

 

 

抽選で当たった230(フミオ)名のファンと記念撮影

f:id:abcd1234go:20180831163441j:image

 

そのあと、帰る途中でファンにサインしてあげてる的場230騎手

f:id:abcd1234go:20180831163837j:image

私も何か持っていけば良かったよ_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

さいごに

 

同日午前中、横浜駅ジョイナス

的場文男コーデのトルソがあったので思わず撮影してしまった…

狙っているとしか思えない😂

 

f:id:abcd1234go:20180831164006j:image

 

ズボンが白だったら完璧だったよな…🤣

 

【一般見学者向け】山元トレセンの見学

おはようございます。

 

 

f:id:abcd1234go:20180813075839j:image

 

福島県に近いけど宮城県にある社台グループの山元トレセン

近くを通ったので寄りました。

 

敷地に入るとすでに寝藁を運ぶトラックが何台も往来しています。

牧場の朝は早い。

 

 

一般の見学者(馬主や関係者以外)は、駐車場前の芝生からのみ調教を見られます。

調教の時間に行けばいいだけなので予約は要りません。(日曜日定休日)

f:id:abcd1234go:20180813080245j:image

 

 

 

f:id:abcd1234go:20180813080149j:image

 

場所は限られてはいますが、ここは坂路コースの頂上にあたる為

 

勢いよく馬が駆け上がって来る所を見られます。

 

f:id:abcd1234go:20180813080230j:image

 

夏の調教(午前中)は6時〜10時とされているものの、

猛暑で鳴らした今年の夏

太陽が昇ってしまい暑くなる前には終わるものと思います。

まだ7時過ぎですが坂路コースはこれで終わりなのか、

ラクターがコースを均して行きました

 

f:id:abcd1234go:20180813080113j:image

マナーを守って静かに見学しましょう。

 

 

 

坂路コースの道路を挟んで反対側には厩舎があり、一般人立ち入り禁止ではありますが、

オペラグラス等を持参すれば、駐車場付近から厩舎にいる馬も見えます。

厩舎前には馬場があり、運が良ければ調馬の様子も(遠くから、垣根越しですが)見えます。

 

写真奥

屋根だけ写っているのが厩舎です。

f:id:abcd1234go:20180813081051j:image

消火栓も勝負服色

 

軽巡洋艦 多摩について。

おはようございます。

 

この記事は前回の

http://bankara3.hatenablog.jp/entry/2018/03/26/224611御先祖様を追いかけて。海軍篇

の、続きになっております。

詳しく読みたい方はそちらもご覧ください。

 

 

まず現代っ子(?)の私は、図書館よりもネットです。

 

そこで、軽巡洋艦多摩の慰霊祭が行われているというニュース記事を発見しました。

 

 

【年末記者ノート】軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭 薄れる戦争の記憶

http://www.sankei.com/smp/premium/news/141230/prm1412300021-s.html

 

軍艦多摩、安らかに 大国魂神社の慰霊祭に100人参列

http://www.sankei.com/smp/region/news/171026/rgn1710260059-s1.html

 

府中市大国魂神社で、毎年慰霊祭が行われているようです。

ありがたいことです。

 

府中といえば東京競馬場ですね。

 

このニュース記事の内容からだと、当時の乗組員は1割程度しか見つかっていないということになるので、

 

 

私は、大国魂神社へ行ってみることにしました。

 

f:id:abcd1234go:20180331132016j:image

 

ちょうど境内の枝垂れ桜が見頃を迎えておりました。

平日なのに、なんか賑やか。お宮参りか何かか、子供を連れた参拝者がチラホラ。

 

f:id:abcd1234go:20180331131938j:image

「多摩」といえば、艦これの多摩は髪がちょうどこんなピンク色!笑

 

 

なんとなく人のいそうな場所を探し(?)、社務所を探して社務所へ。

しばらくして担当の方にお越しいただき、とりあえず現在の時点で私の持っている情報を提供させていただきました。

 

その後、いくつか私のほうも資料をいただき、

今後の調査に役に立つであろう情報もいただくことができました。

 

突然来て申し訳無かったかなと思いながらでしたが、丁寧に対応してもらって本当に感謝でした…

 

今年はまた新たに見つかった乗組員は、他に1名いらしたようです。

今後の進展を願いつつ、私も頑張って調査していこうと気合いを入れ直した1日でした。

 

f:id:abcd1234go:20180415193221j:image

 

 

 

 

 

御先祖様を追いかけて。海軍篇

おはようございます。

 

 

昨年に調査依頼を出した厚生労働省から1月の終わりに封書の返信がありました。

 

f:id:abcd1234go:20180226231603p:image

きっかけは戸籍謄本です。

最初は何代前まで遡ることができるのかだけを目的に取り寄せた戸籍でしたが、

細かく見ていくうちに発見した「横須賀」の文字

さらに細かく見ていくと

「戦死」の文字と日付

 f:id:abcd1234go:20180227090017p:image

 その日付から「レイテ沖海戦」「捷号作戦」だろうということは明らかでした。

 

 

 

 ただし、レイテにはかなりの数の艦艇が出撃していた為、

搭乗艦など細かな情報は、やはり厚生労働省の調査書類が届くまでは、完全に突き止めることはできませんでした。

 

 

 

 f:id:abcd1234go:20180226231629j:image

軽巡洋艦多摩の乗組員でした。

 

 

届いた軍歴簿の写しから経歴を見てみます。

 

 

横須賀の第二海兵団(現在の海上自衛隊武山教育隊)に入隊、久里浜の通信学校を出ております。

第65期普通科電信課程とあります。

詳しいことはわかりません。当時の船乗りの通信はモールス?とか漁船みたいにソナーみたいな電探の技術もあったのでしょうか?

一概に通信といっても何を専門にしていたのかまではここからは読み取れません。

 

この、65期の久里浜の同期会?のようなものが、関西のほうで10年ほど前までは存在していたそうなのですが、現在はわかりません。

このような戦時中の同期会は、全国各地に存在しているはずなのですが、最近は会員の高齢化も進み、閉会されることが多くなっているようです。

ちなみに久里浜には現在も陸上自衛隊の通信学校があります。

 

 

さて、巡洋艦多摩ですが、

 

レイテ沖海戦後半では、

攻撃を受けてそこそこの速度しか出せず、修理の為沖縄に向かう多摩を単独で航行させるのは危険だとわかっていても、

他の艦もかなりの損害を受けており、

護衛に付けられる艦がなかったようです。

その途中ですれ違った日本の艦が多摩を確認したのを最後に消息は途絶え、

誰も多摩の最期を知る者はおらず、
また、艦長以下数百名は誰一人として生きて帰りませんでした。

 

10月25日夜の11時、日付けが変わる前頃に米軍の潜水艦が発射した魚雷にあたり、艦が2つに折れて轟沈したというのは、戦後、米軍の資料から明らかになった情報のようでした。

昭和20年3月の時点で戸籍に記載されている情報が、「時刻不詳」なのは、このような理由からだとわかります。

 

私の御先祖様の直系の親族たちも、

(この方は私の母方の祖母の、父方のいとこで、私とは※6親等の方です。祖母は昭和16年生まれなので、当時3歳)

 

 

戦後このことについて語ることもなかったそうで、祖母をはじめ私の親族は、全く知らなかったそうです。

 

 

私が調べなければ家族が知ることがなかっただろう若くして戦死された御先祖様と、南太平洋に沈んでいる軽巡洋艦多摩について、もう少し調べてみようと思いました。

 

 

※以前の記事http://bankara3.hatenablog.jp/entry/2017/12/16/001947 曾祖父の履歴書。徐州徐州と

で、青森県庁健康福祉政策課へ資料請求した際は、3親等まで(都道府県管轄なので、各地で差があります。)とされましたが、

2017年12月の時点では、厚生労働省の場合は6親等まで調査依頼を受け付けているようです。

 

 

 

雷魚の家族 北関東某所で

おはようございます。

 

先週のエントリーに続き、雷魚の話です。

これはいずれ紹介しようと思っておりましたが、

 

2016年夏に北関東某所で実際に見た、雷魚のペアと稚魚です。

 

f:id:abcd1234go:20180216235957j:image

 

黒いモヤっとしたかたまりが、稚魚の集団でした。

近づくと逃げるので、遠くからかなり拡大しての撮影なので見づらいですが…

 

ここは釣り場ではなく、ライギョ以外にも魚や水鳥が自然の状態で生活している水辺公園のような場所です。多分ですが行政か何かの管理下で、パトロール系の人も常駐してる系でした。

 

f:id:abcd1234go:20180224234457j:image

 

ペアの片割れは、カムルチータイワンドジョウに見られる斑点模様があるがかなり細かく、特徴的で、

ハイブリッドかな?

としばらく思っていたのですが、

 

先日紹介した月刊アクアライフ3月号にも、

カムルチーとタイワンのハイブリッドは存在するとのことだったので、恐らくそうだったのではないかと思います。

 

 f:id:abcd1234go:20180224234945j:image

画像上部の個体はおそらくカムルチーでしょう。 

カムルチーは体長が30cmくらいになる頃には繁殖が可能になるといわれています。

大きさから見てもこのペアは、まだ若い雷魚だと思われます。

http://bankara3.hatenablog.jp/entry/2018/02/16/234642