ばんからさんが通る。

Bankara is attitude. Not style.

曾祖父の履歴書。徐州徐州と。

おはようございます。

 

 

曾祖父の、軍歴証明書を取り寄せました。

 f:id:abcd1234go:20171125193730p:image

 

血圧140以上は早めに病院へ!笑

 

 

曾祖父は陸軍でしたので、陸軍の軍歴証明は各都道府県の管轄になっています。

 

前回の記事はこちらになります。

http://bankara3.hatenablog.jp/entry/2017/11/07/225601

 

青森県の場合ですが、請求するにあたり必要な情報は

・対象者の本籍

・名前

・生年月日

 

あとは対象者と請求者の関係が、3親等以内であること。

必要書類は省略します。

 

私は現在、海軍に在籍していた別な親族の調査で、厚生労働省にも調査依頼を出していますが、そちらは6親等まで可能とのこと。

 

まずは電話で問い合わせ、↑の情報を担当者にある程度伝えると、該当する記録があるかどうか調べてくれます。

 

軍歴簿が残ってあり、請求を希望すると、請求者の住所に書類が送られてくるので、記入して、その他指定された必要書類をこちらで用意してまとめて返送します。

 

f:id:abcd1234go:20171125195001p:image

 

しばらくすると軍歴証明書の写しが届きます。

 

 

 

f:id:abcd1234go:20171125195008p:image

おお!本当に騎兵だった。

 

表側は徴兵〜兵役中、予備役頃のことがメインで記載されていますが、

予備役任官中に支那事変が勃発、召集されたようで

以下に記載されている〇〇の戦いに参加 のような出来事は、全て予備役の兵隊としての出来事ですが、

昔は徴兵期間を終えた予備役の人も普通に戦争に参加していたということがわかります。

 

ちなみに日本の徴兵制は、

定められた2年間の兵役の後も、

予備役〜後備役と続き、

さらに第〇國民兵役となり、それが終わってようやくcivilian に戻るという感じで、

映画でよくある「赤紙」は

兵役を終えた予備役、後備役中の人に来るものなのだそうです。

 

兵隊生活未経験の人に突然来るものだと思っていましたが。

それならまだ話はわかります。

 

 

f:id:abcd1234go:20171125195019p:image

 

パソコンで打ち込まれた物なのでなんか味気ないですが、公印が現実感を出しています。

 

 話がそれましたが、

表からの続きで曾祖父は広島の宇品から、船で朝鮮へ渡り、中国へ行き、

中国各地を転戦し

 

かの有名な徐州会戦で、被弾したとあります。

 

何の弾で撃たれたのかは定かではないですが、

過去に医療系の写真図解で銃創の写真を見たことがあるので、結構大き目、結構な出血があったはずだと思います。

落馬はしなかったのだろうか?

馬は無事だったのか…?

 

それはともかく、戦場という混乱した場所で、撃たれた曾祖父を見つけて傷の処置をし、野戦病院まではこんだ衛生兵や仲間の兵隊の方には、本当に頭の下がる思いです。

 

もしかしたら馬が運んでくれたのかな?

靖國神社には、軍馬をはじめ鳩や犬、戦場で人間と一緒に戦った動物の慰霊碑があり、彼らも一緒に戦った仲間として祀られております。

 

 話をもどしますが、

その後は病院を転々とし、内地へ帰還し、第一国民兵役に編入され、

大東亜戦争はまだ続くも、

その後、腕の傷のせいなのか理由はわかりませんが(戸籍では曾祖父は家督でした)召集は無く

終戦を迎えたようです。

 

 

私は、曾祖父に会ったことはありませんが、

右腕の貫通銃創の骨折で、当時の医療で、

どの程度回復するのかわかりませんが、果たして生活に困らないほど回復できたのだろうかと思っています。

 

曾祖父のことを調べたことにより、また新たに知りたいことが増えました。

 

支那事変の資料、騎兵の資料、当時の戦場における医療…

 

全て調べるには時間はかかりますが、ある程度調べたら、

この軍歴簿は資料とともに、親族へも届けるつもりでいます。

 

 

聖シャンバラ 横尾忠則版画展

おはようございます。

12月2日、横尾忠則氏の連作版画聖シャンバラの展示と出来たてホヤホヤの新作がいくつか展示販売されているというので、横須賀市にあるカスヤの森現代美術館へ行きました。

 

というか、「12月2日はイベント開催の為一般の方の入場は午後2時までです。」とホームページに告知されていたにもかかわらず、確認しておらず2時過ぎに行ってしまうというKYぶり

 

大変ご迷惑をおかけしました…

_| ̄|○

 

にもかかわらず、館長さんをはじめスタッフの皆さんはまるでシャンバラの住人であるかのように広い心で丁寧に受け入れて下さり、案内していただきました。

本当に失礼致しました。

そして、ありがとうございました。 

 

 カスヤの森現代美術館は、個人経営の美術館で規模は小さめですが、私のようにシュルレアリスム、ダダ系が好きな人は常設展示も含めて結構楽しめると思います。

駐車場は2、3台分ありますが、住宅地にある為来るまでの道が途中からかなり狭くなるので、バスから徒歩という訪問スタイルをおすすめします。

 

横尾氏の展示は数年前、青森県立美術館であったのですが、米留学の頃だったので結局、その時は行けず、

 

今回は非常に楽しみにしておりました。

 

最初に横尾氏の作品と出会ったのは、仙台市のショッピングモールで、

天井桟敷のポスター展があり、

そこにたまたま立ち寄ったのでラッキーと思い見に行ったのが最初です。

 

てか、思えば私の地元青森県に、

寺山修司記念館というのがあるのに、

なぜか仙台で…

 

カスヤの森の館長さんは、「横尾さんのファンは男性が多いのですよ」と教えてくれましたが、

まあ私の脳はどちらかといえば男性ですので…笑

 

私は、横尾氏のユーモアのセンス がとても好きなのです。

 

今回、新作で展示されていた絵で、

女性の顔面にレタスが付いている絵があったのですが、

 

奇しくも最近、レタスの値段が高く

多分ですが雨の影響でレタスの出来が悪く、

外の傷んだ葉をかなりむしって小さくされたのか、巻きの少ない小さいレタスが高値で売られていて、

その絵の女性の顔面にボンと置かれたレタスが

まさにスーパーの野菜売り場のレタスとかぶって見えて

その絵が大変気に入りました。笑

 

 

さて、聖シャンバラですけど、

私の世話をよくしてくれていた祖母が、曹洞宗の在家の行者で、昔から子供の私を連れて一緒によくお寺に行ったもので、私は今でも神社とか神道のものよりお寺、仏教のほうが身近に感じます。神社も好きですけどね。

明治政府に禁止されたけど今でも本当の日本の伝統宗教神道と仏教のフュージョンだと思っていますし。

だから今でも田舎の神社とかで、御神体が観音様だったり、お寺の敷地内に鳥居があったりするとテンションあがりますね。ああここは、神仏分離を免れてひっそり守られて来たんだなあと。

 

 

 

ヨガとかも興味はあり実際流行ってますけど、コミュ障の私は1日体験すらできずにいます。

 

 

 

多分、その時が来ればなるようになると思うので、あまり気にしてはいませんが。

 

 横尾氏もシャンバラを知ったのは空飛ぶ円盤について調べている頃のことだったようで

 

そういえば先月、私も結構デカめの隕石見たしなぁ。

 

 

 f:id:abcd1234go:20171207095859j:image

 

 

 

 

長年使っている100均グッズ

おはようございます。

 

100円ショップって、何でも売っていて便利だし、20年前頃の100均黎明期から比べたらかなりイメージ変わりましたよね。

 

毎週のように100均通いをするマニアの方もたくさんいるようですが、私は数ヶ月に一度行く程度で、主に買う物は、文房具や、キッチン消耗品です。

数年前までは私も、週に一度とは言えませんが、割と頻繁に通っていました。

 

通わなくなった理由は、

・引っ越したら、近くに店舗が無かった(前は行きつけのスーパーに併設されていたので、買い物しなくても見るだけに行っていた)

・100均の店舗や商品は、心理的に働きかけて買いたくなる工夫をされているから、いらない物も買ってしまう危険性がある。

・現在最寄りの100均にはマナーの良くない客が多く、あまり行きたくない。

 

の3つが大きい理由だと思います。

 

そして、100均に頻繁に行くことをやめたら、おもしろいことがわかりました。

 

毎回同じ物しか買わない。

 

頻繁に行くと、「あれも」「これも」

結構買う予定の無い物まで買ったりするもんです。

 

それで、私が100均グッズで長年使っている物、

これに関してはそこまで消耗品では無いので頻繁には買いませんが、とても便利で気に入って使っている物があるので紹介しま す。

 

 

 

ソフトビニールケース(seria)

サイズも豊富。

 

部屋中この袋だらけになっていることは、

言うまでもないです。

 

f:id:abcd1234go:20171123114031j:image 

 

中身が見えて困らない物は、

だいたいなんでも系統分けしながらこのケースに入れています。

むしろ、開けて確認するのがめんどくさいので

中身が見えた方が好都合なんです

 

f:id:abcd1234go:20171123114050j:image

バッグの中がゴチャゴチャの人、

私はこれで解消しましたよー(笑)

 

たっぷり入るA4サイズ

旅行や出張で使う日用品はぜんぶこれに入れ、スーツケースへ。

 f:id:abcd1234go:20171130141006j:image

 

そしてこのソフトビニールケースには亜種が存在して、

ポケットがダブルで付いている物や、柄入りのものがあります。

 

ちなみに、ダイソーにも似た物が置いてあり、

そちらはサイドのベロの部分にクリップのような、フックのような

プラスチックで出来た物が付いていて、

ポーチのビニール部分の質感もセリア製品とは少し違い、ファスナー部の色の系統もフューシャピンクやグリーンなどの原色系。

 

特に気にならない人がほとんどだと思うのですが、

私はセリア製品の色展開

ベージュやピンクや水色の、薄めの色が気に入っているので、セリア派です。

これからも販売し続けてほしい^_^

 

 

11/21 謎の光

おはようございます。

 

昨日、夜の9時半に、

南の空に謎の緑色の光を見たのですが、

見た方いらしゃいますか?

 

私が見たのは、家の中から

近所の神社の上空。

緑色の光がゆっくり降りて来て、一瞬強く光って消えました。

 

だから、パリピ系の人たちが、神社前の広場に集まって季節外れの打ち上げ花火でもしているのかと思ったのですが、

窓を開けても、風の音すらしませんでした。

 

 

そんななので、段々不気味になってきて、

神社の上空だし、超常現象系

小一時間ほど前、隣の家から、

やけにデカい物音もしていたし…

 

 

 

 

 

こういうのは、Twitterが強いと思い、

普段見もしないTwitterを見てみると…

 

 

(空 光 で検索)

私と同じく、緑色の光を見たというツイートが出てくる出てくる。

 

明けて本日。

ネットニュースにも出ていました。

 

おそらく、「火球」という隕石らしいのです。

 

 

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/life/amp/171122/lif1711220004-a.html

 

 動画では、2回光っていますが、私が見た時は一度だけ光りました。

流れ星は、2回か3回、見た事がありますが、

隕石は初めてでした。

 

隣の家の、デカい物音は

おそらく隣のオッサンが転んだかなんかしたのでしょう。

 

 

 

Remove all ads

雷魚 謎の行動

おはようございます。

 

久しぶりに雷魚が謎の行動をしていたので、思い出しました。

これは本当に謎すぎて、さかなクンさんレベルの学者さんに聞かないとわからないくらいの謎の行動。今日雷魚が久しぶりに謎の行動をしていたので、載せようと思ったのですが、動画は貼れないのですねココは…

 

(ToT)

 

いずれ紹介します。

何となく説明すると口を大きく開けて左右に体を振っています。

 

最初見た頃はあまりにもキ○ガイじみていたので、災害の前兆?と関係があるのかと思ったのですが、それは無さそうでした。

 

騎兵の曾祖父

おはようございます。

 

前回、称徳館の記事 で、

 

多少ながら軍馬補充部について触れました。マジで多少。

 

その時思い出したのですが、

父方の曾祖父が「支那事変に従軍していた」こと。

 

父方の曾祖父、私の祖母の父なのですが、私の出生時既に故人であったのと、

祖母も曾祖父の従軍当時まだ3歳そこそこだったようで記憶には無く、

私の父から得たわずかな情報

 

 「実家の敷地の農機具置き場兼車庫になっている建物は 元々厩舎で、父が小学生くらいの頃までは、馬がいた」

「派遣先は満州ではなく上海」

騎兵銃を常に背負っていた為こすれて背中に傷が絶えなかった」

「交戦中被弾して帰国」

「上海へ出国前、青森県弘前市の部隊にいた」

 

ちなみに、当時の写真はあるらしいが祖母も嫁いで来ている為、どこで誰が保存しているか不明。多分祖母の兄の家にあるんだろうけど。

 

 

ここで確実と思えるのは、騎兵だったということ。

 

あとは青森県弘前市という情報から、所属部隊は当時弘前市にあった第8騎兵連隊だったと思われる。

 

祖母の家系は代々農家なので、(昔の農家にはだいたい馬がいた)馬の扱いに慣れているであろう農家出身の曾祖父が、徴兵後に騎兵部隊に配属されるのは、自然なことではないだろうか。

多分というかほぼ絶対志願兵ではないだろう。当時は徴兵制だったし農家だし。

 

 

話はそれるが、バイクの記事で、「バイク初心者サポートラボ」のGon-K様と対談した際、

 

(リンク貼ってみます。笑)

http://bikelabo.com/152cm

 

「バイク乗りの血統」といわれた私だが、

今思ってみると、馬にも関わることになる血統だったのかも知れません。

 

 

雷魚 エサの話番外編 【プレコの餌】

おはようございます。

 

雷魚エサの話も書いたので、プレコも飼っていたし、プレコのエサの話でもしますか。

 

f:id:abcd1234go:20171105134931j:image

 

プレコの餌は、基本的にひかりクレストプレコ

キョーリン ひかりクレスト プレコ 15g えさ 2袋入り
 

 元いた熱帯魚店でこれを食べていたので、餌付けは必要ありませんでした。

 

 

 

意外と知られていないのが、うちで飼っていたプレコ(サッカープレコ)は雑食

(水槽のコケも食べるせいか、草食だと思われている)

 

 

この、ひかりクレストプレコを製造している、キョーリンのウェブサイトで、ひかりクレストプレコの開発秘話を見ることができる。

http://www.kyorin-net.co.jp/topics/to08.html

 

大変な苦労がうかがえる。

 

 

ちなみに、うちで与えたことのある餌も、特に変わり映えしないですゴメンなさい(笑)

 

・ホウレンソウ

・レタス

・白菜

・キャベツ

・カブの葉

なめろう

・その他刺身類

 

である。

 

カブの葉は、辛味があったのか何なのか、あまり食べませんでした。

また、ひかりクレストプレコ開発秘話にもあるように、プレコといっても、種類や個体差により食べる餌食べない餌があるので、ここに書いた話は、あくまで「私の飼っていた」サッカープレコの話であることをご理解ください。

 

 

なめろうを食べている プレコ

f:id:abcd1234go:20171105140350j:image